七田式英語教材で小学校からの英語を始めよう

七田式英語教材で小学校からの英語を始めよう

2008年から小学5,6年生を対象に外国語活動として小学校の英語教育は始まりました。

2011年から「小学5年生から必修」となり、
今では、小学校での英語教育はすっかりあたりまえになっています。

 

「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」が2020年度に完全実施されます。

 

移行期間を考えると、学校によっては2018年度から段階的に実施されるはずです。

 

「必修化」

必ず小学校で教えられなければならない
教科書がありません。よって学習内容・テキスト等は学校(教員)独自に決められます。

「教科化」

教科書を使用し、テストが行われて通知表に数値による成績がつくということです。

 

 

これは、お父様、お母様も未経験なことです。

 

親の私達でさえ、

 

「なんで中学高校とあれだけ英語を勉強してきたのに、こんなにも英語ができないのか」

 

お子様への適格な助言もできず、いきなり始まるといわれてもどうしていいのかわかりません。

 

例えば、算数、国語であれば質問されても答えることができます。

 

しかし英語となるといい加減に答えるわけにもいきません。

 

では、どうすればいいのか?

 

耳から覚えるのが一番の早道です。

 

七田式英語教材であれば、成長期のお子さんの耳に直接、英語を届けます。

 

幼いうちから聞きなれておけば、違和感なく覚えることができます。

 

子供さんが自然な形で英語の授業に入れるようにご自宅で

 

お母様と一緒に七田式英語教材で基礎的な準備として学ばせてあげてはいかがでしょう。

 

お母様の声

 

大阪府

少しでも小さいうちから耳を英語に慣れさせたいと思い、七田式英語教材を始めました。
教材が届いたその日から、テキストのイラスト(キャラクター)や塗り絵に興味を持ってくれたので、早速聞いてみました。 初めのうちは「知らない言葉」と思っていたみたいですが、 毎日聞くうちに発音を真似して口にするようになりました(その発音のきれいなこと…!!!)
今はまだ単語だけですが、これから先がとても楽しみです。

 

千葉県

「幼稚園で習う英語は難しいからつまらない」と言っていた娘でしたが、七田式英語教材が届くとすぐにイラスト集とぬりえに興味を持ってくれました。
テキストの文字を読むのではなく、イラストを見ながらCDを聞くことで、よりその場面を想像しながら聴けるようです。
無理なく自然に復習ができる仕組みになっているので、復習の際にぬりえを活用しています。次のストーリーが気になるのと、ぬりえをしたいのとで、自分からどんどんやりたいと言ってくれます。
覚えてくると、より楽しくなってくるのか、だんだんと英語を喋ってくれるようになりました。単語だけを言うのではなく、きちんとした文章を喋った時にはびっくりでした。
なんでもお姉ちゃんの真似をする1歳9か月の妹も一生懸命喋ろうとしています。
このまま2人で遊びながら英語でおしゃべりできるようになってほしいなと思います。

 

 

あなたの子供がバイリンガルになるかどうか。

 

それは子供の能力ややる気の問題ではなく、あなたが子供のスイッチを入れる決断をするかどうかです。

 

子供が「言葉の天才」でいられる期間は長くはありません。

 



 

犬は英語で言うとDog

 

と教えようとするから、ややこしくなって、英語が難しいことなんだと感じてしまうのです。

 

犬はDogじゃありません。

 

子供にとって四本足で歩いてワンと鳴くのは「犬」でもあるし同時に「dog」でもあるのです。

 

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

わざわざ日本語を英語に翻訳したりせずに、聴いた英語をそのままインプットさせてあげれば良いのです。

 

日本の幼児教育のパイオニアと言われる 七田式英語は長い歴史もあり安心してお子様にお勧めできます。

 

英語は習字やスイミングと同じで身につけるものです。

 

よく学校の勉強は社会に出たらほとんど役に立たない。

 

などと言いますが、英語は違います。

 

実は身についていないことで世界を狭めています。

 

自由に行きたい場所に行けないのは悲しいですよね。

 

お子さんが将来持つであろう夢のために役立つツールを与えてあげましょう。

 

 

 

≫「言葉の天才」のスイッチを入れる≪

 

なぜ、七田式が良いのか?

 

実は大人も使って、高い評価があるからです。

 

 



 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ